100均のパキラの育て方!枯れるのを防ぎ大きくするにはどうする?

当ページのリンクには広告が含まれています。
100均のパキラの育て方!枯れるのを防ぎ大きくするにはどうする?
  • URLをコピーしました!

パキラは金運を呼び込むとされ、洗練されたインテリアのポイントとしても注目されています。

100円ショップでお手頃なパキラを購入する方も多いでしょう。

だけど、その小ささからしっかりと育つのか疑問に思うこともあるのではないでしょうか?

この記事では、以下のトピックスについて詳しくご紹介します。

  • 100円ショップでのパキラの育て方のポイント
  • 100円ショップでのパキラの植え替え適切なタイミング
  • 間違えずに植え替える方法
  • 植え替え後のパキラのお手入れ

この内容を参照すれば、100均のパキラもきちんと育てることが可能です。

さらに、記事の後ろの部分には100円ショップのパキラに関するよくあるQ&Aも設けていますので、問題解決のヒントとしてご活用ください。

目次

100均で手に入れたパキラは大きく育てることができるの?

100均で手に入れたパキラは大きく育てることができるの?

100円ショップでのパキラ購入後、その小ささや軽さに、本当に大きくなるのか気になりますよね。

結論から言うと、ちゃんと大きく育てることができます。

100円ショップのパキラも、適切なケアをすることで、長い期間楽しめます。

最初の数日間は特に手を加える必要はないのですが、より大きく健康的に成長させたいなら、時折植え替えが推奨されます。

そして、植え替え後は、パキラに合った環境を提供することが、健全な成長の鍵となります。

成長のコツを押さえよう

100均で手に入れたパキラも、いくつかのポイントを押さえれば大きく成長させることが可能です。

その中でも特に重要なのが、「植え替え」です。

パキラはもともと早く成長する性質があり、定期的な植え替えが欠かせません。

さらに、適切な日当たりや場所、水のやり方など、適切なケア方法が求められます。

これらのポイントを順番にご紹介します。

100均のパキラはなぜ植え替えが不可欠なのか?

100円ショップで取り扱っているパキラに関して、植え替えは避けては通れないステップです。

この工程を省くと、パキラは十分に成長できず、やがて衰えるでしょう。

根の成長のためのスペースを確保

早く成長するパキラは、適時の植え替えが不可欠です。

100円ショップでの購入品も例外ではなく、植え替えを怠ると、狭い鉢内で根が伸びることができず衰退します。

さらに、既存の土が固まることで水の流れが悪くなり、過湿になる原因となることも。

そういった理由から、100円ショップのパキラも新鮮な土に植え替えてあげることが大切です。

栄養補給と土壌の向上

100円ショップの観葉植物は、高保水性の土で植えられることが多いです。

これは店舗側の手間を減らすためのものです。

しかし、これを放置すると、根腐れのリスクが増えます。

パキラは、水がよく流れる土に植え替えることで、根がしっかりと育つ環境を提供できます。

新しい土に変えることで、土の質も良くなり、パキラにとって必要な栄養が供給されます。

100円ショップのパキラ、いつ植え替えるのがベスト?

パキラを健康に保つための植え替えは、任意のタイミングで行ってはいけません。

適切な時期を選ぶことで、パキラのストレスを減少させ、しっかりと育てるサポートができます。

暖かい5月~9月が最適

パキラの植え替えは、温かい5月から9月が最も理想的です。

この期間はパキラの「成長期」であり、活発に成長します。

寒い冬には、植え替えによるストレスが原因で枯れるリスクがあるので、避けるようにしましょう。

晴れた日の午前中がオススメ

植え替えの際、午前中の安定した気象条件を選ぶことで、パキラへのダメージを最小限に抑えることができます。

剪定と植え替えは同時に行わない

パキラへの負担を考慮し、剪定と植え替えは別のタイミングで行うことが推奨されます。

同時に行うと、パキラが弱ってしまう可能性があるため、注意が必要です。

剪定の最適な時期は、気温変動の少ない梅雨時期です。

成功確実!手軽にできる100均パキラの植え換え​​の準備

成功確実!手軽にできる100均パキラの植え換え​​の準備

パキラの植え換えは、初めは難しそうに思えるかもしれませんが、実際にはシンプルです。

植え換えに取り組む際の必要なアイテムは以下の通り。

  • 大きめの植木鉢
  • 植え土
  • 鹿の子石
  • 土受け
  • 打ち木
  • 鉢の底用ネット
  • 串や網棒

これらを詳しく見てみましょう。

大きめの植木鉢

パキラの植え換えを行う際、少し大きめの植木鉢を準備することで、空気の循環が向上し、根の健康を保つのに役立ちます。

植え土

植え替える土は、水の排水が良いものがベストです。

パキラ向けの植え土として「赤玉土7:堆肥3」の割合が良いとされています。

初心者や土作りが難しい場合、市販の「緑化植物専用の土」を使うと簡単です。

鉢底石

鉢底石は、新しい鉢の底部に配置することで排水を助ける「底石」として活躍します。

他には黒曜石などがあり、その排水性と通気性が魅力です。

土入れ

土入れは新しい鉢への土移し時に役立つ、スコップのような道具。

円筒形で、先端がスコップのようなデザインです。

サイズは複数あり、鉢の大きさに応じて選べます。

特に、土受けを使うと、土のこぼれを最小限に抑えられます。

木づち(パキラを簡単に取り出すため)

通常のパキラは、高い保水性の土を使用している場合があり、鉢の中で土が固まることが考えられます。

そのような時には、打ち木で鉢の外部を軽く叩くと取り出しやすくなります。

鉢底用ネット

植え換えの際、鉢の底ネットは欠かせません。

これを鉢の下部に敷くことで、水の排水を助け、土が流れ出るのを防ぐだけでなく、害虫の侵入も防ぎます。

串や割り箸

植え換え後、新しい土の表面を均一にする際や、土と根の間に隙間ができないようにするために使います。

成功確実!手軽にできる100均パキラの植え換え​​の実践

100均で購入したパキラの植え換えのポイントをご紹介します。

①パキラを取り出す

購入したパキラを取り出します。

植え替えるときは、乾燥した土の方が取り出しやすいです。

固い土の場合、打ち木で鉢の外側を軽く叩くと良いでしょう。

②土を根から取り除きほぐす

取り出したパキラの根の土を優しくほぐします。

黒く変色している根は取り除いてください。

そのままだと成長が遅れる可能性があります。

③鉢の底ネットを敷いた鉢へ移植

新しい鉢の底に鉢底用ネットと鉢底石を入れ、パキラを植えます。

この時、鉢の1/3程度の土を先に入れて、安定させます。

④植え土を追加し割り箸で調整

パキラを移植後、植え土を鉢の上部2~3㎝程度の空間を残して入れ、割り箸で調整します。

⑤鉢を叩いて土を均一に

適度に土をなじませるため、鉢をやさしく叩きます。

強く叩き過ぎると鉢が壊れる恐れがあるので注意が必要です。

⑥鉢を叩き、土を全体に分布させる

土が均等に鉢内に広がるよう、鉢を軽く叩きます。

土の表面も平らに整え、根が十分に栄養を受け取れるようにします。

100均で手に入れたパキラの育て方

100円ショップでの購入後、パキラの植え替えが完了したら、以下の手順できちんと世話をして、元気に大きくなるようにサポートしましょう。

理想的な置き場所の選び方は以下の2点を参考にしてください。

パキラは気候や日照に敏感なので、保管場所を選ぶ際は慎重にしましょう。

温かさが必要

パキラはもともと高温多湿の地域が原産です。

ですので、温暖で日の当たる場所を好む傾向があります。

5℃未満の気温は避け、10℃以上の場所に保管することをおすすめします。

特に冷え込む季節には、夜の低温時に窓際から移動させると良いでしょう。

植え替え後のパキラは、直射日光を避けつつ、日が差す暖かい場所が理想です。

直射日光は葉を傷つけるだけでなく、植物へのストレスとなるので、遮光布やカーテンを利用すると良いでしょう。

風通しの良さ

パキラは通気性が確保された場所に置くのが望ましいです。

換気の悪い場所に置くと、土が湿ったままになり、病害虫の原因となります。

ただし、エアコンの風が直接当たるような場所は避けて、葉が乾燥しないよう気を付けましょう。

水の与え方は季節に応じて変える

パキラには成長期と休眠期があるので、水の量や頻度を調整することが重要です。

暖かい夏は乾燥を防ぐ

夏はパキラの成長が活発になるので、土が乾いたらたっぷりと水を与えるよう心掛けましょう。

特に梅雨時期は過湿を避けるため、鉢の下の水はたまらないように注意が必要です。

冬の休眠期は乾燥を意識

10月以降の気温の低下とともに、水の与える頻度を減らしていきます。

気温が下がり始めたら、乾燥を2~3日間継続してから水を与えることをおすすめします。

冬季には葉が乾燥しやすいので、毎日の葉水やりが効果的です。

水やりが難しいと感じる方は、水分計チェッカーを使うと便利ですよ!

こちらのタイプは電池不要で繰り返し使えるのでコスパも良いです♪

肥料は植え替え後は慎重に

植え替え直後は、根がデリケートなので、すぐに肥料を与えるのは避けましょう。

移植後2週間は肥料を控え、その後から徐々に与えていくのが良いでしょう。

100均で手に入るパキラの植え替え関連のQ&A

100均で購入可能なパキラの植え替えについて、よく受ける質問に対応します。

ちょっと大きな鉢に移したら、パキラが元気を失ってしまいました。水はきちんとあげていますが、どうしたらよいでしょうか?

鉢の大きさが適切でないため、根腐れのリスクが考えられます。

100均のパキラを植え替える際、一まわり大きい鉢を選択することを推奨します。

鉢が過度に大きいと、水が過剰となり、土に残存することで根腐れを招くことがあります。

土の乾燥を待ち、適切な風通しと明るさの場所に配置することをおすすめします。

100均のパキラを抜いてみたら、根があまり発達していませんでした。もっと待ってから植え替えた方がよいでしょうか?

今の状態での植え替えは問題ありません。

パキラの苗は、根が少ないのが普通です。根が少ないことを心配する必要はなく、植え替え後に適切な肥料を続けることで十分成長します。

100均のパキラを植え替えた後、葉が増加しました。これを整えてもよいでしょうか?

植え替え直後でも、葉の整理は可能です。

通気性の問題や害虫を避けるため、葉の整理が必要になることがあります。ただし、剪定に適した時期や注意点もありますので、その点を考慮することが大切です。

今回は、100均で入手可能なパキラの植え替え方法について説明しました。

要点は以下の通りです。

  • 100均で手に入れたパキラは適切な植え替えを行うと、健やかに成長する。
  • 植え替えの最適な時期は5月から9月の晴天の朝。
  • 剪定と植え替えの作業は同時に行わない方が良い。
  • 移植する際、土と根の間に隙間がないよう注意が必要。
  • 移植後のパキラは、温かくて日差しの当たらない場所に配置する。
  • 夏場は土の乾燥を感じたらしっかりと水をあげ、冬は控えめに水をあげる。
  • 移植から2週間は肥料の供給を控えること。

これらのポイントを頭に入れ、パキラのケアを楽しみながら、健やかに育てていくことが大切です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次